Home » watashi » infinite loopな健康問題と計画立て

infinite loopな健康問題と計画立て

人間ドックをうけた。血圧の変化は約1.5ヶ月続けた減塩生活に関わらず、115/160とあまり良くない結果となった。ADHDの治療薬コンサータを飲むと、ADHDの症状は改善するが発想のクリエイティブは下がる、飲まないと体重が増加する。無限ループだ。

これまでの流れは

 

  • 5/18 血圧計測開始
  • 5/18 減塩開始
  • 5/18 週に3日10,000歩超の有酸素運動開始
  • 6/17 ADHD治療薬コンサータの中断 (2019/1〜3まで中断、4/上旬より6/17 まで服用、6/17以降中断)
  • 6/27 人間ドックで検査 アルコール中断/減量/約1ヶ月健康計画立

 

食事改善

深刻なことは、痛みや体調の変化が自分でわかりづらい特性がある。さらに、私はADHD として苦労の割に成果が乏しいとすぐに挫折をする気質でもある。対策として、弁当を作る・料理や買い物を楽しむとして、学びの面白さを感じるようにした。

酢や出汁を中心とした濃いめの味で誤魔化す前菜を作りはじめた。野菜を酢漬けにしたり、ミョウガやキュウリなど季節の野菜を中心に調理をしてみた。

 

 

 

考察

日頃気をつける分、外食の際には、食事に気にせず、思いっきり食べるようにした。

日常の食生活は徹底した減塩をおこなって劇的な効果はないが、収縮時(最低血圧)拡大時共に平均値は低下している。実は、食事の影響は少ないのではないかと考える。

拡張期・収縮時ともに、最大値と最低値の上下の幅が広がった。

生活シーンでの変動が大きく、メンタル・ストレスの影響が大きいのではないか、血圧を測定するという行動による気持ちの変化も要因として大きいと考えている。

最低血圧については、10mmHG/month程度の減少がった。

コンサータを中断をした、6/17以降は劇的に拡張期・収縮時の数値の幅が広がった。情緒のアップダウン差=多動性・注意欠陥が拡大した可能性が高い。

なお、4月のコンサータ中断によって、体重が(+5kg)となったのが、今回の体重増加の要因だ。

今後は、飲酒と食事の時間、飛行機移動の際の変化も調査をする。

目標

  • 80/130(Avg)を目標とする。1ヶ月限定で断酒をおこなう。
  • コンサータは引き続き中断
  • 無理なく体重を減少させる。66kgに30日で達成(-5kg)、5年前の58kgを8月末までに達成。(-13kg)
  • 降圧剤の検討

個人的には、60kgを切ると、神経質となり適応障害が再発をすることは嫌だなと思う。また、やりすぎて故障した恐怖はあるが、ジムのトレーニングを再開させる。

運動は、有酸素運動に加えて、66kg経過後にジムを週3回通い軽度なトレーニングと、毎日6kmのランニングをおこなう。

食事は2週間は1日600Kcalを目標として、急激な体重減少で数値的なインパクトを出して、ADHDの衝動性を利用する。2週間後は、1日1400Kcalにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA