Home » curriculum » 『ゲーム作り』が教科のサポート

『ゲーム作り』が教科のサポート

 

 

子供達が『わくわく』して取り組むこと

 

教材づくりで大切なことは、経験や体験をメインとした

「カリキュラム」だと考えています。

ご家庭でも、学校でも経験ができない、児童にとって「新しくて」「面白い」きっかけ作りです。

ゲームを『つくりあげる』過程で、計算やお絵描きなど、いろいろな想像力を育む。

そのためには、純粋な興味やモチベーションへどのように導くか?

かんがえてみました。

ゲームの要素を簡単に分類をしてみる

 

1.デザイン ゲームキャラクター、背景、タイトルロゴ 美術
2.音楽 BGM、効果音 音楽
3.プログラム 処理や判定、得点 算数・プログラミング
4.企画(ゲームシステム・バランス) ギミック・ゲーム性 算数・プログラミング
5.企画(ストーリー、タイトル) シナリオ、人物 国語・理科・社会
6.ターゲット 誰に遊んでもらうのか 社会

 

 

企画『ゲームづくりのアイデア』

 

ジャンルはなに?それとも今までにないのか
世界観 リアル・ストーリー中心
キャラクター 主人公は動物・ファンタジー・人物
しくみ(ギミック) どのように攻撃をするのか、にげるのか
音楽・効果音 はげしい音楽、やさしい、テクノ、オーケストラ

 

要素はたくさんありますが、まずは『うごいて』『あそべる』状態のゲームを
改造して楽しむことから始めれば、
おもしろいことを前提に、自分の想像が加わる喜びをもてると考えています。

確かに、自分は、まずは、今あるプログラムやゲーム、音楽を自分流にカスタマイズをして
見て、学び、覚える方法でした。

絵も音楽もプログラムも簡単にいたずらしてみる

『プログラム』数字を変えてみるだけでも

プログラムを教えるときは、児童が数字や言葉を変えるチャレンジをします。

自分が操作するキャラクタの動きが速くなったり、遅くなったりします。

今まで、4と入力してあった数字が、8を入れると倍の速度になる。

この時に、今までよりも、どのくらい速くなったのかな? 倍だよね。 4x2=8 といった考え方です。

『音楽』鼻歌をうたってみる

楽器が弾けなくても、鼻歌を歌ったり、効果音を児童が考え、マイクに録音をすることができます。

自分の鼻歌が、あるいは、替え歌でもまずは歌って見ることが大事です。

すでに完成している教材ゲームをつかって
児童が思いのままに操作をすること
さらに、インターネットで保存をして
家族に見せることができる。

 

ゲームで勉強をまなぶ
あたらしい放課後デイを創造しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA