コロナウイルス対策(4/7)について

 

コロナウイルス感染が沖縄県内にも広がり始め、学校が休校となりました。

取り急ぎではございますが、ドーユーラボの大きな方針についてご連絡いたします。

政府・県からは、学童・放課後デイの開設を要望されております。休校中、学ぶことを止めない体制を検討開始いたしました。学校からの宿題・課題・予習などサポートをしながら、開設を継続する基本方針です(事態を鑑みて、ドーユーラボ職員の未就学・修学児童も一緒に受け入れますので、引き続き、よろしくお願いします)。

衛生管理、特に職員向けのマスクについては、予め独自に手配をしており、ドーユーラボ全職員へ提供をしております。アルコール消毒液につきましても、ひやごん・てだこ共に充分な備蓄がございます。

特にPC(Mac)を中心にアルコール消毒などを徹底する体制ができておりますが、細心の注意を払います。入退出の際の体温記録やアルコール除菌管理、名簿・チェックリスト記入体制もできております。

児童の皆さんにもマスクを配布しておりましたが、今後は入手が難しくなるために、ご家庭でのマスクの準備や装着をよろしくお願いします。

また、近隣の児童施設や児童施設・協定病院(沖縄リハビリテーションセンター病院)とも連携をとり、相互の緊急フォロー体制も準備しております。

ご家庭におきましても万全な衛生管理をお願いいたします。

 

ドーユーラボの運営をしております株式会社ユードーは、2019年2月末にリモートワーク(在宅勤務)に切り替え、3月上旬には完全在宅勤務となっております。送迎などの事情も鑑みながら、状況により、ひやごん・てだこのどちらか閉鎖、集合などの事態も想定しております。特に、沖縄県での緊急事態宣言が発令された際には、職員の健康も鑑みて、部分開設・完全休止も優先度を上げて検討いたします。その段階になった際には、逐次状況をご報告いたします。

なお、職員においては、職員の家族感染時対策として、沖縄市内・那覇市内にある2ヶ所の社員寮へ一時隔離できる体制ができております。ドーユーラボといたしましては、児童とご家族、職員、近隣の皆様と連携を深め、コロナウイルス問題に立ち向かう所存です。

代表の南雲は、3月21日に東京から那覇空港に飛行機で向かいまして、現時点まで沖縄県内におります。大事をとり外出を控えており、3月27日の沖縄市内での外食を最後に、自主的に不要な外出を控えております。常にドアノブ・買い物袋などへアルコール除菌をおこない、外部との接触を控えております。朝夕2回体温を計測しており、現在発熱や倦怠感など体調不良ございません。今後も継続をして外出を控えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA