Home » NEWS » ドーユーラボ・株式会社ユードーの採用について

ドーユーラボ・株式会社ユードーの採用について

 

沖縄の12月、半袖では寒くなってきましたが、児童も職員も元気一杯です。

連日たくさんの児童があつまり、わいわい楽しい時間があっという間にすぎ、外は真っ暗です。開設したばかりの昨年の今頃を思い出しつつ、才能溢れる児童と一緒にいると、本当に嬉しく、学習指導も力が入ります。

株式会社ユードー・ドーユーラボでは、採用活動を鋭意進めております。最近は、求職者の方が増え、私どもは大変ありがたく思いながら、丁寧に書類選考・面接をしております。

 

発達障害を持つ当事者採用について

特に、発達障害を持つ当事者採用も力を入れておりますが、懸案事項もありまして、まとめておきたいと思います。

ドーユーラボは、診断済みの発達障害者採用は積極的です。ただし、「診断済み」であることを条件としており、「告知のない方」や、「発達障害かもしれない」と思われている方の採用については、慎重になっております。

もし、未診断でご自覚のある方は、伝えにくいと存じますが「発達障害の可能性がある」旨をお伝えください。あるいは、「発達障害の診察を受けてみたい」といった意向をお伝えいただくことで、採用決定後に、通院に関する協力もすることができます。選考するうえで、告知してくださることは、私どもは、当事者の仲間としてプラス評価をいたします。

私どもが「診断済み」とする理由ですが、

ドーユーラボでは、沖縄リハビリテーションセンター病院の精神科医である、後藤先生に指導をいただきながら、発達障害の当事者研究をおこない、日々問題に立ち向かっております。ところが、発達障害の傾向が強く、苦しんでこられた方にとっては、長年治療を受けてきた児童や、当事者職員と生活を共にするうちに、ご自身の不適応問題を強く感じすぎることがあります。

また、発達障害に関する相談業務・不適応問題の知識を学ぶうちに、強く葛藤をしたり、生活に支障が出たり、職場に対する嫌悪感も覚えてしまう可能性もあります。

受け入れていない方が、発達障害の研究をしている傍にいると、抑えていたこだわりの部分や、困難と思う部分が職場でも強く出すぎてしまうこともありますし、私どもが先に、ご本人が苦しむことに気づくこともあります。

当事者の職員が困難な部分を、一般職員が担うために、入社後に精神疾患や発達障害の申告がある場合、調整が難しくなります。しかし、あらかじめ、告知いただければ、特性を配慮し、ふさわしい業務を検討することができます。

以上のことから、ご自身を受け入れる前の、未診断の方の採用には慎重になっております。

(繰り返しますが、「発達障害の可能性がある」あるいは、「発達障害の診察を受けてみたい」でも結構です。受け入れて、前向きに進む意欲のある方は、大歓迎です。)

楽しく無理のない職場と仲間、そして子供達を未来へ誘導(ユードー)するためにも、どうぞよろしくおねがいします。

ドーユーラボ 2019.11.10

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA