Home » HIYAGON » ロンドン・沖縄比屋根

ロンドン・沖縄比屋根

ロンドンでギフテッド向けの玩具や情報を調べました。

 

そして、早速児童向けのプログラムを組みながら、やばい、自分はこれをやり続けるわけにはいかんと・・・。

思いまして、ナスの味噌田楽をピカデリーサーカスの「おもでら」さんでいただきました。

なけるなぁ。ロンドンはごはんがおいしくなったな。

とか、ユーロスター乗れなかったなとか。

 

片言、英語を駆使して、教室を見学したり。

 

 

後藤先生に診てもらって、凸凹が多数派と接近戦をするプログラム=これはゲーム理論ですなと、見ていただき。

 

ぎのわんの施設が、なかなか進まずにいて、

一方で、その次と考えていた、沖縄市の・・・病院のちかく。。。

なんと沖縄リハビリテーションセンター病院の比屋根

スタッフが掃除や準備をやってくれて、そして、明るく、綺麗な街並みで、本当に満足をしています。

 

事業所のある豊見城から、気分の入れ替えで、沖縄市で仕事をしています。

施設開設には、病院と協定書といった書類が必要です。

リハ病院と後藤先生で調整をしていただきました。

いろいろ難度の高いこともあったそうで、先生が調整してくださいました。

本当にありがとうございます。

比屋根=ひやね=ひやごんとよみます。

先に、ひやごんから施設はスタートします。

たくさんの方、地元の方や専門家の皆さんの応援をもらって、自分たちは活動をしています。

 

自分は、新しいことを切り開く機会は多かったのですが、

そのための、適応しすぎることも多く、今回は、経営や今まで経験したたくさんの問題を反省して

きちんと、こまかく、指導もしています。

 

ラボのスタッフは、児童発達管理責任者の講習をうけたり、100円ショップで買い出しに行ったり、

自動車の購入やらてんてこ舞いです。

 

近所の公園です。これならば、ドローンで鬼ごっこもできます。

 

そんななか、自分のこだわりは徹底する。ということで、

 

あとは、ドリル制作です!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA