Home » curriculum » 大人と一緒な施設~ひやごんの一日

大人と一緒な施設~ひやごんの一日

 

 

 

「ひやごん」では、しつけをしないように、空間をつくります。

「ひやごん」では、アイコンタクトをしなくてもよいです。

「ひやごん」では、ゆるやかに目標設定をします。目標をみつけてほしいから。

 

当事者が当事者を導く施設「ひやごん」では、

毎日緩やかにはじまります。

一週間先の計画を立てて、プログラムやレポート作成などを

じっくりゆっくり。

軌道修正をしながら、修正をしながら、ひとりひとりの計画を立てます。

ゆるやかに、「大人のような、子供たち」があつまり

自分たちでルールを決めて、自主的に学んでいきます。

私たち職員、当事者もいます。

夢中になっていて、「大人の声が聞こえない」ようでも

ちゃんと聞いていることはわかっています。

相手の顔を見て話していなくても、理解してくれていることも、知っています。

新しい仲間がくると、みんな、緩やかに距離を縮めながら

優しく声を掛け合います。

 

とびぬけた、仲間たちは、宿題やレポートを自ら用意して、学習をします。

その雰囲気をみて、真似をしていきます。

 

ドーユーラボにくると、児童は自分の気持ちカードを選んで

お菓子の時間にお菓子を食べて、好きなことをやる。

そのうち、毎日1コマのドリルを実施しますが、

今は職員も学びながら、児童と一緒に歩みます。

将来大物になるために、大学進学はもちろん、ITやゲームなど好きな仕事をしていくためにも、

たくさんの企画やアイデア大会をやります。

 

まだまだ始まったばかり

しばらくの間、よろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA